サークルFliegerのウェブサイトです。

 

   ブログ      Patreon

とらのあな様で「貴宅警備員」再版しておりますので、お持ちでない方はどうぞよしなに。


 
C92新刊『奥の太道』現在完成版発行のため尽力中です。いつものエルフファンタジーはエルフ様夫妻で『男女入れ替わり』ものです。委託までしばしお待ちください。
変性魔術の権威スレイリー教授の人格転移の実験台になってしまい、妻の身体になってしまった学者である夫が、徐々に女の性に目覚めてゆき、一方で己の淫乱ぶりに自己葛藤する漫画です。
前半は、普段から色々脳内で考えている学者思考が災いし、いきすぎた妄想でオナりまくり、後半は発情期に入ってしまい、オークの棟梁やらゴブリンちゃんやらその他etcにヒドイ目に遭わされます。
男性が女性の身体になって、やりたいこと・やられたいこと』をかなりネットリ心情描写も交えて描いています。続き物ではないので、うちの漫画初めての方もどーぞよしなにω


********************************************************************************************************************


★11月21日

メールチェックしたら上野印刷さんからメール届いてるンゴ
〆切も料金もなっかなか魅力的やなー…久々に今回は新刊も会場限定本もここに頼もうかと思いつつサンライズさんは発注書記入と入稿がすごい楽なシステムなんで
〆切当日グロッキーな自分には本当に助かるシステムなんよ・・・
とりえずクリアファイルのなかに限定本とか挟んでくれる印刷会社探すわ。できれば栞も作って挟んでほしい…いや会場でのセッティングで死にかけたからね…
関西美術印刷さんはそれやってくれるって中の人が営業に来てくれたな。モノクロペラ本刷ってくれるならここもいいなあ。は〜〜とにもかくにも原稿頑張りますわ。




★11月20日

◆追記:twitter退会しました。
 まったく叩かれたわけでも炎上したわけでもなく……や、同人活動にはtwitter欠かせないと言われたので数年ぶりに復帰してみたけど、フォロワー300人もいないし
 同人情報やイラスト載せてもあんま反応もないしtwitterやったからといって大して同人活動に影響したわけでもないし、たぶんいつも買ってくれる人ってそもそも私がtwitterやってなくても
 買ってくれてるよなぁ…と思い…。だったらもういらないかなと判断しました。だって私いつも大体しょうもないつぶやきしかしないもの。
 あとあんまりにも莫大な情報が入っていきて精神病む。それだけ。


らくがき/エルフ様の夫、12-15歳ぐらい。孤児院の机で一人黙々読書中
エルフファンタジーの本編で、あまりかれの内面とかについて言及することはないんですが、かれは赤ん坊の時点ですでに捨てられていました。
子供のころから本の虫で、他の子どもたちの楽しい遊びにはまったく興味を示さず、一人もくもくと読書していました。日常のゴシップより宇宙の真理や世の成り立ちについて興味を持っていました。
通常、孤児や農奴は学習環境が整っていないため学力が低くろくな魔術を使えない傾向にありますが、その環境から帝都大を出て王宮の言語学者の地位までのぼりつめたかれは真の努力家です。

さて、ハイエルフの孤児について:両親共々死去でもしないかぎりハイエルフの子供が育児放棄をされることはほぼ考えられないのですが(シンママもシンパパもいる)、
例外があるとすれば、あまりにも身分差がある両親の子(貴族と農奴ほどの格差)か、もしくは婚外子(不義)。これはかれらにとってかなり不名誉なことです。
ただ賢いハイエルフがそのようなことをすることはかなり稀なので、したがってハイエルフの孤児はほかのエルフ種と比べてかなり少ないです。

「奥の太道」完成版でも言及しますが、実は女性のエルフが発情期になって浮気するのは絶対にエルフ種以外のオス、つまり交配関係にない下等生物にかぎるのです。
なぜならかの女たちは夫以外のエルフの子供、つまり婚外子を作ることは絶対に考えないからです。いくら頭がパーになってもその良識と分別だけはあるのです。すごい。

・・・つまり「奥の太道」でオークと関係を持っちゃった夫には分別というものgゲフンゲフン




★11月16日

おはようございます。最近5時前後起きがデフォになってきています。少し前まで6時ぐらいまで寝られてたんですけど…。
うちにチワワが2匹いるんですけど、うち一匹が超高齢者(もうすぐ17歳!)で2-3時間に一回鳴き声で起こされてオシッコ連れて行ってます。
実はもうここ最近は白内障で目が見えず、耳も聞こえなくなり、こういっちゃなんですがヘレンケラー状態になっておりまして夜中はプチ介護みたいなことに。
おしめしたら苦手なのかめっきり動かなくなって不健康だったので、自分で歩かせるためにもおしめはせず(´ー`)まだかろうじて歩けるのと食欲・排泄は超元気です。

●コミケの頒布物についてはちょっとスケジュール的に色々と意図していなかったことがありまして、また後日サンプルも含め詳しくお話しします。
 あ、ちゃんと新刊本体と会場限定本とプラスアルファはいつも通り用意しますよ!

 めっちゃざっくり申し上げますとエルフファンタジーTSF本「奥の太道」が280頁にふくれあがってしまい、
 物理的な作業量を考えて、とても年末に発行できないと判断しました。
 去年の90頁以下だった冬コミ原稿で血尿が出たのを鑑みて、さすがに今から180頁ぶんの作業は一人では到底不可能です…


 というわけで、いま手を付けているのは近世+若干ファンタジー気味の世界観のおねショタ漫画で、これを新刊本体として描いています。
 端的に言うと、一国のショタ王子と乳母であり、また魔女であるお姉さんの筆下ろしのお話です。

   また、初めて描くTSF漫画ではありますが「奥の太道」を楽しみにされてる方がけっこういらっしゃるようなので、
 会場限定本は本編に収録できそうもない(というか収録したら話に齟齬が生じるような)ショートストーリーを描いて、新刊と一緒に頒布できればと
 考えております。本編は2月あたりの書店売りを目指して頑張りますので、そのつなぎ?として。

 とにもかくにも、読者様が楽しめる内容になるように頑張りますのでどうぞよしなに!

●トップ絵変更しました。先日描いたダイルネル教授とフェアラミル夫人。ドイツはテュービンゲンのEDEKAというスーパーのエスカレーターで
 一人二階での買い物を終えた女性がエスカレーターをカート持ちながらくだっているところを、後ろから旦那さんがトコトコ歩いてきてそっと後ろからお腹-腰あたりを
 優しく両手で抱いたシーンを見て「おほー、絵になるなぁ!」と感じたのを思い出しつつ描きました。50代ぐらいだったかな。
 壮年の夫婦って若夫婦にはない味が滲み出ていてとてもいいですね。



・・・「苦痛の典礼」では歪み切った教授の奥様への愛情(?)を描いていますが、それは発情期のあいだだけのことで
それ以外の時期はとてもテンプレのような良き夫婦でもあります。発情期間に二人がセックスをすることは絶対にないが、発情期間外はごく普通に
肌を重ねています。はたから見れば非常に奇妙な事ですが、かれらの二人の息子と娘(すでに自立済み)も発情期間外にできた子供です。
教授が変わり種の潔癖症なのか、または かれには奥様が発情期とそれ以外ではおそらく別の生き物のように見えている可能性があります。



★11月05日

コミケ当選していました。12/31、東京ビッグサイト三日目(日曜日)の東地区Iブロック18bです。またあとで上部に大きくアナウンスしておきます。
島中なので誕生日席より搬入できるかもしれないが、今回ページ数が200頁を軽く超えてしまったので会場限定本も発行することを視野に入れると
精々700冊ぐらいが限度な気もしますね…いつもより少ないやんけ
前回も搬入体積けっこうギリギリやったんで今回さらにやばい気がする。あ〜〜どうしよう。印刷会社と相談しとかなあかんわ

●そうそう、虎の穴さまでコミケカタログを購入すると特典でついてくるイラスト冊子に一枚描かせていただきましたのでカタログを買う際には虎の穴でドウゾ(゜∀゜)
 夏も描かせてもらったけど、他のイラストレーターさんのをパラパラ見ていると、皆様あまりの筆の迷いのなさとハイクオリティな仕上げに、自分の絵の下手さ拙さに頭が痛くなりましたね…
 ぜんぜんだめだ。もっと努力!努力せねば!!!



さてずっとネーム作業をしていて気がめいってきましたんで、息抜きも兼ねてごりごり描いていたらまさかのエルフ様の夫になりました。
奥様の姿になって痴態を晒し続けている彼を描き続けているので、こう男の姿を描いたら非常に妙な気分になります。
しゃーないから「奥の太道」で彼が痴態を晒し続けていることについて心の声を書いておきます。




★10月31日

や〜〜〜リアルのスケジュールと原稿がもりもりつまっているとsnsすらろくに呟けんがな(・ω・`)

「奥の太道」原稿はねぇオーク兄ちゃんたちとのセックス三昧の日々が終わり、今はゴブリンちゃんたちとの濃厚な発情期の生活をかいています。エルフ様と体が入れ替わった夫がおっぱいとおっぱいの中身弄られる内容かいてるよ。
なんていうかゴブリンちゃん達に必死に抵抗してきた夫がお仕置きでドワーフ製ファッキングマシンで3日間おま○こぐりぐりされっぱなしでついに屈して母乳分泌奴隷になって淫語連発しまくり。
ちょっと何いってるかわかんないっすね でもそういう内容なの… 正直、描いてて「これちょっとキモイ」と思い始めてきましたよ……
でも母乳が描きたかったの。最近全然描いてなかったから。自分の気色悪い下品な妄想が爆発しているよ。



★10月17日

ぬわああああん自分アホすぎ、絵の仕事のラフ〆切昨日だったのに提出し忘れとは、、、ごごごごめんなじゃいいいいいいい・・・
んがっ、幸いにもラフ自体はほぼできあがっていたので、ディティールをちょっと寝る前に書き足して、今さっきようやく提出しておきました。

いかんいかん、遅れそうなときは絶対にあらかじめ電話なりメールなり入れるんですが、今回は納期に数か月単位の余裕があったせいかマジで忘れていた。
ちゃんとカレンダーにも描いてたのになあ…やっぱり自分ADHDの気あるんじゃ…。診断受けに行った方がいいのかしら、、、こういうのマジで信用問題につながるからなあ。

私事務員なんですけど意外にも不思議と職場ではちゃんとやれてるんだよなぁ(自分で言うのもあれですが…) あれか、緊張感の有無か!?
家の中にいると色々と気が緩むんかしら、、、



★10月11日

ずっと同人誌の原稿を描いているとこういう他愛もないらくがきがしたくなるのはなんででしょ〜ね・・・

ダイルネルとエルサリオン兄弟、15歳前後。すべてエルフ種は神秘エネルギーを生まれながらにして持っているので、いわゆる病気(人間でいう癌や感染病、風邪、肺炎など)というものに罹患しません。
また毒薬も効きません。唯一分解できないのがアルラウネとギヴル酒(酒という名の麻薬)で、もはや完璧と言える生命体でもあります。大怪我も骨折も治癒魔法で塞いで完治させてしまうのですが、
エルフ種以外の生物には神秘エネルギーが無いので、われわれ人間と同じくあらゆる病気にかかっては死んだり苦しんだり最悪、種ごと絶滅してしまったり。

一部の慈悲深いエルフはそれについて研究したり外科手術などをおこなうスキルを身に付けますが、あくまで慈善行為であり片手間の研究なのでやはり遅々として進まないことも多いです。
基本的にたとえばハイエルフは農奴や孤児、貧民でもないかぎり各々が一生魔術と教養分野を物凄い研究するため下等生物の有事には大概無関心という悲しい現実…(T∀T)



★10月9日

ぬん、コミケ申込受付番号いま確認したら下4桁の最初の数字が5で、どうも「配置時要検討サークル」になってる・・・
前の夏コミは隣サークルさんにめちゃくちゃ迷惑&お世話になってしもうたからなあ・・・、次は絶対にあんなことにならないよう、色々考えて事前準備をおこないます。

しかし冬コミは当選したら「奥の太道」完成版を発行したいが、いったいどれぐらい搬入できるか本気でわからん。それに薄っぺらい会場限定本と先着配布物もあわせたら・・・・・・ウーン
あ、冬コミはタペストリーとかかさばるグッズは出しません(というか今後そういうのは無料配布以外ではもう出さないかも、絵が下手すぎて、、、)
誕生日席と島中でも搬入できる体積が結構違ってくるんですよね。実は誕生日席よりも島中の方が多く搬入できたり。さらに島の端っこだと出入りも簡単だし一番良いロケーションだったりします。

近年うちのサークルで恒例になりつつあるクリアファイルと会場限定ペラ本は同じ会社で印刷してもらって、あらかじめペラ本をファイルにセットしてもらっておくという手もありですねん。
新刊本体は分厚いからもうセット組みはあきらめて、頒布時に同数渡していくみたいなやり方でもいい気がしてまいりましたよ。もーテキトーやでテキトー(アカン


★10月4日

私はこれまでしばしばちょいちょいダークエルフを描写しています
言語学研究室の紅一点タジェイラさんや去年さわりの紹介版を発行した「若きダークエルフの悩み」でデメル領主の護衛兼エルフ様の遊び相手だったエラヘルゴス等
原産地はフォルフェーデス帝国の海を挟んで西バロージェ(バロゲア)、俊敏性に優れ、また破壊魔術にかぎっては並のハイエルフを凌ぐほどの素質を持ちます。まれに星操術者も輩出されます。
かれらは暗い灰色の皮膚と真っ赤な瞳を持つという外見からして非常にカッコいいエルフ種ですが、この瞳をねぇどうやって描こうかな?と未だに悩んでいます。

A→黒目の部分だけ赤い
B→黒目の境目はくっきりあるが、白目の部分つまり眼球全体が真っ赤
C→黒目の部分が赤、白目の部分が真っ黒

描いていてCはないなあと…魔族のエルフですらここまで凶悪な雰囲気ではない・・・。
AかBかな、Aは良くも悪くも普通、Bは近年のエルダースクロールズのダークエルフの眼球モデリングがこんな感じじゃない?

のちに発行する「若きダークエルフの悩み」を描く前までにはきちんと設定しておきたい。

ところでダークエルフ主体のエロ漫画を描く予定はありません、もちろんすべての女性のエルフ種には等しく発情期がきますが、
かれらは女性であってもカッコよすぎるのでエロの対象としては見ることができません。オーク女性のエロ書いたほうがマシ。オークもエルフだからね。



★9月28日

冬コミ今のところ考えているのは「奥の太道 完成版」の発行ともう一つなにか新刊(薄ければ会場限定本にする)を1冊、というところです。kerker描き直し版はスケジュール的にどうかなあ。
冬コミまであと90日しかないよなあ……あーーー数字で表すとやばい感じがするッ、9月私はいったい何をしていたんや?ずっとネームは描いてきたけどさああああああ!
kerker描き直し版は、来年あたりに出したい霧のエルフ本に繋がっているのでさっさと発行しておきたいです。
とりあえず今やるべきことは奥の太道をきちんと仕上げるってことですわ念 10月半ばまでにはネームを仕上げたい!

描き直し版の出だし、ディニエルの行動を小分けして矛盾点とかを潰してきたもんだから、ここに行きつくのに2週間程度の時間がかかってしまった。
6本ぐらい描き直した結果、ディニエルの置かれている状況とエルサリオンの変人ぶりを顕著にあらわすにはこれが最良かもしれんということで…。私はいつもストーリーの出だしで時間を食います。



★9月24日

近々patreon更新します。私生活がちょっとやばかったので1か月近く放置していてごめんなさい。多分「奥の太道」のコンセプトイラストになります。
さっきセッティングページ開こうとしたけど開けなかった(T∀T)たまにpatreonはこういうことがしばしば起こる…
私は出来上がったイラスト、イメージラフなどを基本掲載しているんですけど、漫画のプロットやネーム、絵コンテとかに興味ある人いるんかな?
いらっしゃるなら掲載してもいいんですが、大半が外国人だしあんまり役に立たない気もする・・・。うーん。

そうそう2014年に発行した「kerker」全部描き直し作業をしております。当時スランプ気味で設定やストーリーが行き当たりばったりなものを発行してしまったんですが
この前書店から追加発注を受けた時に「違法アップロード被害を受けているし、どうせなら全部描き直そう」と思ってのことです。
うまくいけば冬コミで発行、ただしスケジュール的に微妙なので年明けになるかもしれません。

いつものエルフファンタジーより1800年近く前、デメル共和国のとある小さな村の救貧院で育ったディニエルは、ある日エルフとはとても思えない何者かの軍隊に村を破壊されてしまい、
自分だけは間一髪逃げ出したのですが、ほかのハイエルフの村人達が皆どこかに連れ去られてしまい、かれらを取り戻すと心に誓うも、命からがら逃げだしてきたものだから、
街道を歩いていた青年エルサリオンの前で力尽きぶっ倒れるというところから話が始まります。
若干リョナ気味の強姦シーンや、幻惑魔術を逆手に取った寝取られ(寝取り?)などがあります。苦手な方はご注意ください。

またキャラクターの性格なども少し変わっています。ディニエルは名前の通り口数こそ少ないがかなり精神力が強く己が誓ったことは絶対に遂行しようとする女性で、
エルサリオンは人懐っこいがかなりの変わり者で、平気でずけずけと人の心を抉るし目的の為なら何でも利用するマッドサイエンティスト系
義父の性格はそこまで変化なしかな。



★2017年 9月21日

インデックスに日記を掲載していくスタイルにしてみました。ブログは残しています。また気が変わったときにブログ日記に戻る可能性もあるので。

しばらく(半年ぐらい)twitterやってたんですけど、毎日しょうもないことばかりつぶやいたり、嫌な記事も自動的に目に触れてしまったり、スマホで気楽に投稿できることで「ペンタブを握らなくなった」ので
全然パソコンの前に座らなくなってしまい、ラクガキすらしなくなってしまったので「これはいかん」と思い、インターネット生息地をウェブサイトに戻しました(゜∀゜)
いや、プロットとネーム自体は今まで通りやっておりますけど…もっとラフでもたくさんカラー絵を描いたり、今後描きたい漫画のラフなど載せていきたいと思ったゆえの決断です。
私ナルシストだから自分の絵が流れないようにするならこれが一番なのよ!今後twitterでは同人誌・商業のお知らせ以外載せないと思いますので、このウェブサイトをチェックしてください。

んま、こんな感じで日記絵も貼り付けまくっていくぞ〜〜〜〜〜う これはこの前描いたエルフ様夫妻入れ替わりもののサイドストーリー(夫の妄想)(;;@蓋@)
残念ながら教授は奥様しか目に入らないという・・・


*******************************************************************************************************************


◆当サークルのオリジナル同人誌の違法アップロードへの対応について◆
サークルFliegerは当方のオリジナル同人誌の違法アップロードを一切許可しておりません。これまで在庫のない本のアップは見過ごしておりましたが、去る2016年2月に委託前の冬コミ新刊「生殖者」の違法アップ
についてはさすがに看過することができませんでしたので、キャッシュ等全て保存し弁護士の方に相談し兵庫県警に被害届および放流者に対する告訴状の控え、また集められる限りの証拠資料を提出しております。
また漫画の内容のデータを転載しているサイトについても見つけ次第同様に報告しますのでご留意ください。エロ漫画にも著作権があります。詳しくは私のブログのトップをご覧ください。





◆デザフェスとか色鉛筆絵関連のサイトはこっちです。滅多に更新しないけど・・・◆